第5回CCSフォーラム 「残された30年、CCSを如何に活かすのか」


主催:東京大学エネルギー・資源フロンティアセンター(FRCER)

後援:The Global CCS Institute

共催:東京大学先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター(APET)
  :
東京大学エネルギー工学連携研究センター(CEE)

※ポスターはこちらをご覧下さい。

a

日時  平成27年2月16日(月)13:00~18:00

会場  東京大学工学部 武田先端知ビル5階 武田ホール(東京都文京区弥生2-11-16 本郷キャンパス浅野地区)  地図はこちらをご参照下さい。

参加費   無料、要旨集2,000円、意見交換会3,000円(当日受付にて申し受けます)
参加費3,000円は当日受付にてお支払いください。意見交換会参加のキャンセルは2月9日(月)までにご連絡ください。以降のキャンセルはお受けいたしかねます。

プログラム
13:00~13:10    開会の辞     東京大学 大学院工学系研究科副研究科長 大久保達也
13:10~13:30    はじめに:CCS実用化の課題とは実際何か
                      東京大学 大学院工学系研究科教授 佐藤光三
13:30~14:10    Global Status of CCS: 2014 "A Watershed Period for CCS"
                      The Global CCS Institute, General Manager–Asia Pacific Clare Penrose
14:10~14:50    低炭素社会におけるCCSの位置づけ
                      環境省 地球環境局低炭素社会推進室長 瀧口博明
14:50~15:30    CCS実用化に向けての安全性及びPAの取り組みについて
                      地球環境産業技術研究機構 CO2貯留研究グループ主席研究員 薛 自求
休  憩
15:50~16:30    地質工学的視点からの本邦CCS対象層について
                      京都大学 大学院工学研究科教授 松岡俊文
16:30~17:10    北海道・苫小牧CCS実証試験の現状と今後の予定
                      日本CCS調査株式会社 技術企画部長 田中 豊
17:10~17:50     CCS政策について
                      経済産業省 産業技術環境局地球環境連携室長 永澤 剛
17:50~18:00     閉会の辞      The Global CCS Institute 取締役 赤井 誠
18:00~19:30     意見交換会(武田ホールホワイエにて)

参加申込み

こちらのWeb申込フォームよりご登録ください。定員250名に達し次第締め切らせていただきます。

※1月23日正午から1月26日16時頃までサーバの都合で、お申し込み受付においてエラーがでておりましてご迷惑をおかけいたしましたが、現在は復旧しております。

開催報告

こちらご覧下さい

お問い合わせ

東京大学大学院工学系研究科 エネルギー・資源フロンティアセンター事務局
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 TEL:03-5841-7015
E-mail: office@frcer.t.u-tokyo.ac.jp

 
 


 

ab